IMG_0230


私の場合、実際にやりとりされているビジネスレターを訳す機会はありませんが、たまに手順書などにくっついている「ビジネスレターのテンプレート」を訳すことがあります。

英語のレターではいきなり本題から入ることが多いと思うのですが、礼儀を重んじる日本の商習慣にはなじまないことも...

そんなとき私は、本文の冒頭に「平素は<社名>の製品(サービス)をご利用いただき誠にありがとうございます。さて、......」というように一文加えています。

このくらいまでは翻訳者の裁量の範囲ではないでしょうか(時候の挨拶まではやりすぎですね)。あとは申し送りに一文加えたことを明記しておけばいいと思います。実際、そうして翻訳会社から何か言われたことはありません。

もちろん何も加えずに原文を活かして自然なビジネスレターになれば一番ですね。たとえば、「このたび、......」と始めて違和感がなければそうします。

言うまでもありませんが、そのビジネスレターの目的が何で、宛先は誰か、ということを意識して都度判断する必要がありますね。

また、最後が「Thank you.」で終わっている場合、どう考えても「ありがとうございました。」はおかしいですね。これもそのレターの目的や直前の文に合わせて、「ご意見・ご質問がありましたらご連絡ください。」、「ぜひご応募ください。」、「よろしくお願いいたします。」、「何卒ご了承ください。」などなど、いろいろ工夫できそうですね。

ちなみに、プレゼンテーションの最後の「Thank you」は「ありがとうございました」や「ご清聴ありがとうございました」としている例が多いように思います。