めぐりめぐらせ ~ある翻訳者の関心事~

在宅翻訳歴9年目の「めぐり」と申します。分野は「IT/ビジネス」、言語は「英→日」です。 twitter: @meguri_megurase

カテゴリ: ツール

ブログを始めてから早くも1か月が経とうとしています。
本当に書きたいことは時間がかかるので、どうしても後回しにしてしまう...。(´;ω;`)

少しずつ記事数が増えてきて、ページ右端の「カテゴリ別アーカイブ」だけじゃあパッと見でどんな記事があるのかわからないなぁと思い、今回「目次」ページを作ってみました。

まず、livedoorブログで簡単に目次を作れる機能はないか少し調べてみたのですが、どうもなさそうです(ご存知の方、おられます?)。

そんなわけで、新しい記事を作成し、地道に今までの投稿のリンクを貼り付けていきました。
記事が増えるたびにリンクを手動で付け加えていくという、なんともアナログな方法...。(´・ω・`)

もっと記事が増えていた時点だったら、目次作成はあきらめていたと思います。
そういえば、これまで他の方のブログで目次があるのを目にしたことはないかも...。
常に最新記事を追っていれば問題ないでしょうけど、途中で読み始めて、過去記事を遡って読みたいときは、まずどんな記事がアップされているかをタイトルで確認したいですよね?(私だけ?)

ただ、目次なので常に最新記事の先頭に表示されないと意味がありません。
そこで、投稿日を現在設定できる最も遠い未来日(最大10年後までのようなので、2026/7/20)に設定しました。これでどれだけ記事を増やしても、この日付までは目次が常にトップに表示されることになります(日付は随時変更可能)。

いやぁ、もっといい方法ありそうなんだけどなぁ。せめて、他の記事とは別ページに表示できればいいんだけど。
とりあえず、暫定措置ということで(記事がもっと増えてきたときにどうするかも、ちょっと考えたいと思います)。

Chromeが重いので(仕事中、タブを開けまくるので仕方ないのですが)、2か月ほど前に拡張機能の「Adblock Plus」という無料の広告ブロッカーを入れてみました。
途端に体感できるくらい表示が早くなって、目障りな(誘惑の多い)広告も表示されなくなったので快適です。

手順は前回ご紹介した「forward slash search」と同様。

□■□■□■□■□

Chromeの拡張機能の追加方法

1. Chromeの右上の「」(横3本線)アイコン>「設定」の順にクリックします。

2. 「設定」画面の左上隅にある「拡張機能」をクリックします。

3.「拡張機能」画面の最下部にある「他の拡張機能を見る」リンクをクリックします。

4. 表示される「Chromeウェブストア」画面の「ストアを検索」ボックスに「Adblock Plus」と入力して検索します。

5. 検索結果の「拡張機能」の下に「Adblock Plus」(説明:「5,000万人以上に利用されている、無料の広告ブロッカーです。目障りな広告、マルウェア、行動追跡を根こそぎブロックします。」)が表示されるはずなので、その横にある「+ CHROMEに追加」ボタンを押します(本当に追加するかを確認するプロンプトが表示されたら、「追加する」ボタンをクリックしてください)。

6. 手順1の画面に「Adblock Plus」が追加されているはずです。その横にある「有効にする」ボックスをオンにするとこの拡張機能が有効になります(必要に応じて、「オプション」をクリックして、自分好みに変更してください)。

これで、Chromeで開いたWebページに広告が表示されなくなったはずです。

皆さんはブラウザーに何を使用されていますか?
私はChromeを使用しています。
今回は私が常に使用するChromeの便利な拡張機能を1つご紹介します。

Chromeはアドレス・バーからも(F6、またはCtrl+L)で検索できますが、たとえば、検索キーワードの末尾だけちょこっと変えて検索しなおしたい場合などには不便ですよね。

そんなときは検索窓のキーワードを編集したくなりますが、いちいちマウスに手を伸ばして検索窓をクリックするのももどかしい...

そこで、Chromeには、キーボードの「/」(スラッシュ)ボタンを押せば検索窓にフォーカスを移動してくれる拡張機能「forward slash search」(無料)があります。スラッシュ・ボタンを押すときに日本語入力のオン/オフを切り替える必要もありません。

この拡張機能はChromeの検索窓だけでなく、ブラウザーで開いたオンライン辞書などの検索窓にも使えるので、いろいろと便利です(対応していないものもあるかもしれません)。

□■□■□■□■□

Chromeの拡張機能の追加方法

1. Chromeの右上の「」(横3本線)アイコン>「設定」の順にクリックします。

2. 「設定」画面の左上隅にある「拡張機能」をクリックします。

3.「拡張機能」画面の最下部にある「他の拡張機能を見る」リンクをクリックします。

4. 表示される「Chromeウェブストア」画面の「ストアを検索」ボックスに「forward slash search」と入力して検索します。

5. 検索結果の「拡張機能」の下に「forward slash search」(説明:「Press / (slash) to focus first search or input field on a page to perform a search.」)が表示されるはずなので、その横にある「+ CHROMEに追加」ボタンを押します(本当に追加するかを確認するプロンプトが表示されたら、「追加する」ボタンをクリックしてください)。

6. これで、手順1の画面に「forward slash search」が追加されているはずです。その横にある「有効にする」ボックスをオンにするとこの拡張機能が有効になるので、Chromeの検索画面で実際に「/」ボタンを押して検索窓にフォーカスが移動するかどうか試してみてください。

Facebookのホーム画面を見ていると、友達の投稿の間に広告が出てきてうっとうしいなと感じたことはありませんか?

Facebookでは、「ユーザーが興味を持っている」と判断した内容に基づいて広告が表示されるようです。
これも、次の手順で設定を変更すれば表示される広告の数を減らすことができますよ!

※ここでは、PCでの手順をご紹介します。

□■□■□■□■□

PCの場合

①「▼」(右上の下向き矢印)>「設定」>「広告」>「設定に基づいた広告」の「編集」>「広告設定」ボタンの順にクリックします。

②9つのカテゴリが表示されていると思います(2016/7/6現在)。それぞれのカテゴリ名をクリックして展開すると、Facebook側で「ユーザーが興味を持っている」と判断した項目と、自分が「いいね!」したことのあるサイト名が表示されると思います(けっこうたくさん表示されていませんか?)。

③各項目にカーソルを置くと右側に「×」印が表示されるので、不要なものは削除していきましょう。
※上の方にある「広告設定を追加」ボックスを利用すると、追加することもできるようですね。お好みでどうぞ。

□■□■□■□■□

これで、画面がだいぶスッキリするはずです。お試しください!

Facebookで友達から謎のサイトへの招待が届いて誘導されたこと、ありませんか?
...それ、スパムサイトかもしれません。

もしくは、自分のアカウントから身に覚えのないサイトへの招待が友達に一斉送信されていた、なんてことは?
...アカウントを乗っ取られた可能性があります。

私も数か月前に友達からそんな招待が届きました。ここでは、当時私が調べた対策をご紹介します。

□■□■□■□■□

① 読売サイトの「偽レイバンのFacebook「イベント」スパムに注意」という2015/10/23付の記事を読み、そのとおり対策をとります(タイトルは「偽レイバインの~」となっていますが、他のスパムサイトの場合も同じようにしてみてください)。

※アカウントを乗っ取られた可能性がある方は、「★Facebookイベント招待を自分がしてしまった場合の処置★」の部分もよく確認してください。

② 次に、念のため、以下のFacebookのアプリ設定にあやしいアプリが登録されていないか確認することをおすすめします。

PCの場合

「▼」(右上の下向き矢印)>「設定」>「アプリ」>「Facebookでログイン」。この下に表示されているアプリで心当たりがないものは削除します(アプリが表示されていない場合もあります。その場合はなにもしなくてもOK)。

同 「アプリ」>「他の人が使用しているアプリ」の「編集」をクリック。公開したくないもののチェックボックスをオフにして個人情報の流出を防ぎましょう(私はすべてオフにしています)。

スマホの場合

Facebookアプリの右下の「その他」をタップ
→ 「設定」をタップ
→ 「アカウント設定」をタップ
→ 「アプリ」をタップ
→ 「アプリとウェブサイト」画面が開くので、「Facebookでログイン」をタップ(見覚えのない怪しいアプリがあったら削除)
→ 「アプリとウェブサイト」画面の「他の人が使用しているアプリ」をタップ (公開したくないもののチェックをオフにして個人情報の流出を防ぐ)

□■□■□■□■□

Facebookは何かと便利ですが、設定が複雑ですよね。
お仕事関連でもFacebookを利用されている翻訳者さんも多いかと思いますが、トラブルに巻き込まれないためにも、いま一度ご自分の設定を見直してみてください。

以前に「翻訳フォーラム」(www.maruo.co.jp/honyaku/)でご紹介したショートカット・キーをこちらに再掲します。

Windows環境で、特にデュアル/マルチ・モニターにされている方のお役に立つと思います(Windows 7以降。動作の確認はWindows 7で行いました。Windows 8/10ではUIや動作が異なるかもしれません)。

※ウィンドウ間を移動するためのショートカット・キー(Alt+Tab)ではなく、特定のウィンドウそのものを移動するためのものです。

□■□■□■□■□

ウィンドウの移動

移動したいウィンドウを選択して、キーボードのWindowsキー+左/右矢印キーを押す


移動したウィンドウの最大化/縮小

Windowsキー+上/下矢印キー


※デュアル・モニター間の移動なら、左/右矢印キーを2回押す→上矢印キー


※外出時に拡張モニターを外してPC本体のみを持ち出し、普段拡張モニター側で作業しているアプリケーションのウィンドウがディスプレイ外に表示されてしまった場合にも、まずAlt+Tabキーで対象ウィンドウを指定してから、上記のショートカット・キーでPC本体のディスプレイ内に移動させることができます。


このショートカット・キーが機能しない場合

「コントロール パネル」>「コンピューターの簡単操作センター」>「キーボードを使いやすくします」>「ウィンドウの管理を簡単にします」の下の「ウインドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックボックスをオフにする

このページのトップヘ