めぐりめぐらせ ~ある翻訳者の関心事~

在宅翻訳歴9年目の「めぐり」と申します。分野は「IT/ビジネス」、言語は「英→日」です。 twitter: @meguri_megurase

カテゴリ:ツール > Chrome

Chromeが重いので(仕事中、タブを開けまくるので仕方ないのですが)、2か月ほど前に拡張機能の「Adblock Plus」という無料の広告ブロッカーを入れてみました。
途端に体感できるくらい表示が早くなって、目障りな(誘惑の多い)広告も表示されなくなったので快適です。

手順は前回ご紹介した「forward slash search」と同様。

□■□■□■□■□

Chromeの拡張機能の追加方法

1. Chromeの右上の「」(横3本線)アイコン>「設定」の順にクリックします。

2. 「設定」画面の左上隅にある「拡張機能」をクリックします。

3.「拡張機能」画面の最下部にある「他の拡張機能を見る」リンクをクリックします。

4. 表示される「Chromeウェブストア」画面の「ストアを検索」ボックスに「Adblock Plus」と入力して検索します。

5. 検索結果の「拡張機能」の下に「Adblock Plus」(説明:「5,000万人以上に利用されている、無料の広告ブロッカーです。目障りな広告、マルウェア、行動追跡を根こそぎブロックします。」)が表示されるはずなので、その横にある「+ CHROMEに追加」ボタンを押します(本当に追加するかを確認するプロンプトが表示されたら、「追加する」ボタンをクリックしてください)。

6. 手順1の画面に「Adblock Plus」が追加されているはずです。その横にある「有効にする」ボックスをオンにするとこの拡張機能が有効になります(必要に応じて、「オプション」をクリックして、自分好みに変更してください)。

これで、Chromeで開いたWebページに広告が表示されなくなったはずです。

皆さんはブラウザーに何を使用されていますか?
私はChromeを使用しています。
今回は私が常に使用するChromeの便利な拡張機能を1つご紹介します。

Chromeはアドレス・バーからも(F6、またはCtrl+L)で検索できますが、たとえば、検索キーワードの末尾だけちょこっと変えて検索しなおしたい場合などには不便ですよね。

そんなときは検索窓のキーワードを編集したくなりますが、いちいちマウスに手を伸ばして検索窓をクリックするのももどかしい...

そこで、Chromeには、キーボードの「/」(スラッシュ)ボタンを押せば検索窓にフォーカスを移動してくれる拡張機能「forward slash search」(無料)があります。スラッシュ・ボタンを押すときに日本語入力のオン/オフを切り替える必要もありません。

この拡張機能はChromeの検索窓だけでなく、ブラウザーで開いたオンライン辞書などの検索窓にも使えるので、いろいろと便利です(対応していないものもあるかもしれません)。

□■□■□■□■□

Chromeの拡張機能の追加方法

1. Chromeの右上の「」(横3本線)アイコン>「設定」の順にクリックします。

2. 「設定」画面の左上隅にある「拡張機能」をクリックします。

3.「拡張機能」画面の最下部にある「他の拡張機能を見る」リンクをクリックします。

4. 表示される「Chromeウェブストア」画面の「ストアを検索」ボックスに「forward slash search」と入力して検索します。

5. 検索結果の「拡張機能」の下に「forward slash search」(説明:「Press / (slash) to focus first search or input field on a page to perform a search.」)が表示されるはずなので、その横にある「+ CHROMEに追加」ボタンを押します(本当に追加するかを確認するプロンプトが表示されたら、「追加する」ボタンをクリックしてください)。

6. これで、手順1の画面に「forward slash search」が追加されているはずです。その横にある「有効にする」ボックスをオンにするとこの拡張機能が有効になるので、Chromeの検索画面で実際に「/」ボタンを押して検索窓にフォーカスが移動するかどうか試してみてください。

このページのトップヘ